ALAとは何ですか?

  • アラプラスとはなにか

    • 健康維持を含め、中高年の栄養補給として提供されているサプリメントにアラプラスがあります。



      この商品は、特徴の1つに、SBIグループの持株会社によって製造・販売が行われていることがあります。

      SBIグループはSBIホールディングスとして広く知られており、主に、金融サービス事業とアセットマネジメント事業に多くの企業を持ちます。
      アラプラスはグループの事業の1つであるバイオ関連事業を受け持つSBIアラプロモによって提供されており、開発は、もう1つのバイオ関連会社であるSBIファーマによって行われています。


      SBIアラプロモは主要株主がSBIグループ100%の企業であり、現在、資本金1億円の規模を誇ります。

      アラプラスに含まれるアラ(ALA)とは5-AminoLevulinicAcid(5-アミノレブリン酸)のことを指します。

      この成分は地球上に生命が誕生したときにも関わっていたと考えられており、別名、生命の根源物質とも言われています。アラは食品にも含まれており、これまで、化学的な合成方法によって製造されていました。
      一方、難点としては製造コストが非常に高いことがあり、その後、国内大手の石油会社によって発酵による安価な製造法が開発されています。
      コストを押さえられたことで多くの人にアラを提供することが可能になり、アラプラスは健康食品として提供されてます。



      アラは、ほうれん草など緑黄色野菜や黒酢、味噌など発酵食品に含まれるアミノ酸であり、身体を構成する基本的な物質として、美容と健康をサポートする重要な成分になっています。



      アラプラスは1粒で高麗人参の20本分のアラを摂取することができ、さらにエイジングケアをサポートするためにミネラルが配合されています。
      代謝力を高めることでエイジングケア効果が期待でき、健康維持や栄養補給を求める人にとっておすすめの商品となっています。


top